赤ら顔に効く薬とは

「赤ら顔に効く薬って何があるんだろう?」

と疑問をお持ちの方にここではお応えしていこうと思います。

とりあえずニキビの炎症による赤ら顔については市販の効く薬として代表的な
のがオロナインやクレアラシルといったニキビ薬が効果的です。

ですがこの場合、効く薬としての即効性は見込めますが再発しやすい肌の状態
のままではイタチごっこになってしまうケースが多々見受けられます。

また、ぼや~っとした赤みの場合は皮膚炎や湿疹という場合がありますので
薬剤師さんや皮膚科の先生に聞いて適切なお薬をもらうということも必要と
なってくるでしょう。

あと効く薬とは違いますがレーザー治療によって赤みの元の毛細血管を消して
しまおうという外的な治療方法もあります。

続いて飲み薬の場合ですとエーザイの「チョコラBB」や
エスエス製薬の「ハイチオールB」のビタミン剤が肌の代謝を促進してくれるので有効的です。

●赤ら顔の多くの要因とは?

赤ら顔の多くの要因は”乾燥”によるものだということはお伝えしておきます。

北国の寒い地方だと乾燥しているためにお肌も乾燥して
カサカサ肌になって赤ら顔になりやすい環境にあります。

よく北国のドラマの雪のシーンで赤ら顔の子どもを見たことないですか?

じゃあ都会だったら大丈夫なのか?と思われるかもしれませんがオフィスや家、
ファミレスなどでガンガンにエアコンが掛かっていて乾燥している環境になっています。

皮膚科に相談にいってもまず乾燥している環境を改善してくださいという
アドバイスを受けることもよくあります。

ですので赤ら顔を本質的に治すという意味での効く薬というのは、
まず環境を改善してお肌を健やかにすることが大切です。

 

自宅でできる薬を使った赤ら顔ケア

赤ら顔になっちゃうと人の目を気にしながらの生活になるので
ストレスが溜まって嫌ですよね?そこで今回は気自宅で気軽にできる
薬を使った赤ら顔ケアについてご紹介いたします。

まず赤ら顔に効く薬については市販で購入できるオロナインや
クレアラシルが効果が早く見込めるのでおすすめです。

続いて赤ら顔の大敵となるのが”乾燥”です。

乾燥については下記の3つを守ることで改善に大きく期待できます。

1、室外と室内の温度差を無くす

顔の毛細血管が縮小と拡張を交互に繰り返し、
通常よりも拡張して元にもどらなくなって赤みが増してくる要因となっています。

2、紫外線対策は万全にする

日焼けすると赤くなるほか、潤いを保つために必要な表皮のバリア機能が壊
れてしまいます。

3、肌の乾燥を防ぐ

乾燥した肌をそのまま放置しておくとお肌へのダメージ量は増える一方です
ので、保湿をしっかり浸透してキープしてくれる健やかな地肌作りが重要です。

いかがでしたか?

1の室外と室内の温度差についてはちゃんと意識しておけば
すんなりと習慣化していくので案外楽だったりします。

2の紫外線については肌ダメージのトップですので対策は当たり前のレベルです
よね。

3の健やかな地肌づくりについてですが、最適な化粧水があります。

それはニキビ跡ケア専用化粧水「リプロスキン」です。

リプロスキンはニキビを予防してニキビ跡のシミや赤み、凸凹肌などを本質的な視点で治そうとする化粧水です。

市販のニキビ薬よりも炎症を抑える効果は低いものの低刺激なので
毎日安心して使い続けることができます。

また、リプロスキンはニキビやシミ、赤みができにくい健やかな肌を目指して
いきますのでニキビの再発やニキビ跡のケアに追われる心配もなくなります。

赤ら顔を1日も早く治したいからすぐに効く薬を求める気持ちはすごく分かります。

ですが、今後赤ら顔に悩まされることのない生活レベルの高い人生を送るために
は健やかな肌を手に入れられるスキンケア製品を選ぶのが賢いやり方だと思っています。

リプロスキンは皮膚科のプロも認める安心のニキビ跡ケア専用化粧水です。

赤ら顔を解消していつもと違うあなたの肌を作り上げてみませんか?

→ニキビトラブルのお肌を綺麗にしたいから! 詳細はコチラ

リプロスキン