赤ら顔を治す方法って?

赤ら顔は中等度~重症にまでなると
レーザー治療や光治療、硬化療法で
治していかないといけません。

なので、軽症のうちに治しておかないと
結構なお金と時間がかかってしまいます。

軽症の赤ら顔の場合、
病院に行かなくても治す事が出来ます。
一般的な赤ら顔の直し方」の記事でもお伝えしてきましたがここではさらに詳しく、今回は軽症の赤ら顔を治す方法をご紹介します。

・食生活を見直し改善する

現代の私たちは様々な理由から
偏食になりがちですが
バランスの良い食生活を送ることが
理想的です。

お酒やタバコ、カフェインの含まれた飲料や食品
香辛料などの刺激物は赤ら顔の原因にも!
これらが好きな方は要注意ですね。
極力控えるようにしましょう。

・正しいスキンケアを行う

こまめに洗顔する方や汚れを綺麗に落とそうと思って
ゴシゴシ洗っている方は間違ってますよ!

そのケアを続けると肌へのダメージは蓄積され
乾燥にも繋がるうえ、赤ら顔になりやすくなります。

なので、朝の洗顔は洗顔フォームを使わず
水に近いぐらいのぬるま湯で長めにすすいだり
夜は洗顔フォームを使い沢山泡立てて
泡で優しく包み込む様に洗って下さい。

クレンジングオイルや化粧水などは
肌への刺激が少ない物を選ぶ方が良いです。

・ビタミンCを摂取する

ビタミン類はお肌の味方です。
その中でもビタミンCは
工酸化作用がありますので
赤ら顔を抑えるのにはぴったりです。

特にビタミンC誘導体はビタミンCが
肌に浸透しやすい様に加工してある成分なので
化粧水などからビタミンCを浸透させたければ
ビタミンC誘導体の入った物がお勧めです。

そして、赤ら顔を治すのにはポイントがあります。

  • 常に肌の潤いを保ちダメージに負けない肌にする
  • 血行を良くし毛細血管の収縮と拡張を正常にする

この2つのポイントが大切なので覚えておいて下さいね。

赤ら顔は毛細血管の収縮と拡張が関係してますので
血行を良くすることで毛細血管の収縮と拡張を
スムーズに行ってくれます。

赤ら顔を治すときのポイントを覚え
治す方法を続けることで軽症の赤ら顔は治ります。

中等度~重度にまでなると直りはしませんが
少なからず効果はあります。