アトピーによる赤ら顔の原因と治療!

アトピーの人が赤ら顔になってしまう
原因は主に2つありました。

・掻きむしる

アトピーを繰り返し掻きむしることで
掻きむしった跡の赤みが残り
色素沈着してしまいます。

・ステロイド剤の治療による副作用

アトピー性皮膚炎の方の治療には
ステロイド剤を使用することが一般的ですが
皮膚の薄い顔などに使用すると
ステロイド剤の副作用が出やすくなります。

ステロイド剤の治療の副作用は
毛細血管を拡張させます。
毛細血管が拡張することにより
赤ら顔へとなってしまいます。

そして、アトピーからくる赤ら顔の治療法も
いくつかありましたので紹介します。

・フラッシュ療法(I2PLフラッシュレーザー光線治療法)

このフラッシュ療法は色素沈着や
赤ら顔の治療として使用されている療法です。

ですが、フラッシュ療法をやっている
医療機関は少なく治療費も高額です。

・プロトピックを使う

全身ではなく顔などの皮膚の薄い部分に使うことで
効果が発揮されます。

プロトピックは赤ら顔や顔の赤みには効果的です。
ですが、繰り返し行った掻きむしりによる
色素沈着には、あまり効果はありません。

プロトピックはステロイド剤と同じぐらいの
抗炎症作用があります。
そして、ステロイド剤の様に毛細血管の拡張や
皮膚の萎縮などの副作用がありません。

ただ、使い始めの頃には
熱さや痛さ、痒みを伴う事があります。

・生活習慣や食生活の見直し

アトピーや赤ら顔を治すのには
生活習慣や食生活の見直しと改善が
基盤になってきます。

フラッシュ治療やプロトピックで治っても
生活習慣や食生活が乱れたままだと
アトピーや赤ら顔を繰り返してしまいます。

なので生活習慣と食生活を正すことが
とても大切になってきます。

ここで注意してもらいたいのが
現在、ステロイド治療をされてる方は
フラッシュ治療やプロトピックを使う際
掛かり付けの医師に相談してからにして下さい。

勝手にステロイド剤を止め
治療法を変えてしまうと
脱ステによるリバウンドが起こります。

アトピーによる赤ら顔の治療は
まず医師に相談すること。
そして生活習慣や食生活の改善が
大切だということを覚えておいて下さいね!