重症ニキビとは?

重症ニキビになると
ニキビの炎症が激しく膿を内包していて
ニキビ同士がくっつきやすくなり治りにくくなります。

炎症が酷かったりニキビがくっつくと
傷が残ってしまう可能性も高まります。

なので重症ニキビを放置しておくと
ニキビ跡が出来てしまうので放置せずに治療して下さい!
ですが、自分で潰すのはダメです。

では、重症ニキビの治療法にはどんなモノがあるのか?
紹介していきますね。

・PDT(フォトダイナミックセラピー)治療

デルタアミノレブリン酸という物質を
皮膚に塗布させPDT用の光を当てます。

活性酸素を大量に発生させ皮脂腺を傷害し
周りの細菌を殺菌させる方法です。

重症ニキビには効果的ですよ。

・圧出

化膿で溜まった膿を専用の器具で排出させる方法です。
ニキビの炎症を抑えるには膿の排出が必須になります。

・アファームマルチプレックス

2種類のレーザーを連続で照射し
肌の自然治癒力を利用しながら肌の入れ替えを行う。

効率よくニキビを治療する事ができ
治療効果も結構早く実感できます。

・抗アンドロゲン療法(女性限定)

男性ホルモンの受容体を遮断し
皮脂腺の発達や角質の肥厚を抑制します。

これは今あるニキビの治療ではなく
今後のニキビの発生数を減少させるので
予防としては効果的です。

・抗生物質

重症ニキビは炎症の酷いニキビが多いので
抗生物質で炎症を抑えていきます。

この時、ビタミン剤や漢方薬などを
併用する場合もあります。

重症ニキビを治すにはこの様な治療法がありますが
中には高額な治療法もあります。
そして治すのにも時間がかかります。

その他にもニキビ跡や色素沈着してしまう可能性もあるので
重症ニキビになるまで放置せずに
軽症のうちに治す方が出費もお肌へのダメージも少なくなりますよ。

重症ニキビができてしまった方は
少しでも早く治療に取り掛かって下さいね。

放置すればするほどニキビは悪化していきますし
重症ニキビは自宅で治せません。
なので、このニキビ・・・重症だな。
って思ったら直ぐに皮膚科やクリニックへ行きましょう。