ホルモンとニキビの関係って?

ニキビとホルモンの関係はとても深く
切っても切れない仲にあります。

ホルモンバランスが乱れ男性ホルモンが優位になると
鼻の下や口周り、頬、もみあげから顎にかけてのUゾーンに
ニキビが出来やすくなります。

これらの場所は男性ホルモンの影響を受けやすく
女性はヒゲが生えない代わりに大人ニキビが出来ます。

男性ホルモンのアンドロゲンは
皮脂の分泌を促進すことで皮脂を過剰分泌し
角化細胞の増殖を促すことで肌の角質を増やします。

どうなるかというと…
毛穴を詰まらせ皮脂が溜まりやすくなり
ニキビを作りやすくしているんです。

その他にもニキビを悪化させたり
お肌の保護(バリア)機能を低下させるんですよ。

なのでニキビの出来にくい肌にするには
ホルモンバランスを正し男性ホルモンが優位な状態から
女性ホルモンが優位な状態へと変えなければなりません。

何故女性ホルモンを優位に?

それは女性ホルモンの働きに答えがあるので紹介しますね。

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類あります。
エストロゲンはきめの細かいお肌を保ち皮脂の分泌を抑えてくれます。
プロゲステロンは皮脂の分泌を促します。

そして注目してほしいのはエストロゲンの方です。

エストロゲンは男性ホルモンとは真逆の働きをしてくれます。

肌の保護(バリア)機能を強化し肌の潤いを維持してくれます。
また角質層を柔軟な状態に保つので毛穴の塞がりを予防できます。

毛穴が塞がらなければ皮脂の分泌量が多くても
毛穴の中に皮脂が詰まらないのでニキビになりません。

なので女性ホルモンを優位にすることは
ニキビの予防や治療にも繋がるのです。

ですが、エストロゲンが過剰になると
婦人病(乳がんや子宮筋腫)のリスクを高めたり
乾燥肌になってしまう可能性もあります。

なので女性ホルモンを極端に増やすというよりは
男性ホルモンより少し優位なぐらいの
ホルモンバランスを整えることが望ましいですね。

ホルモンとニキビの関係を知ることで
ニキビケアの幅も広がります。
なので参考程度に覚えていて下さいね!