ニキビ跡に美白が効果的?

ニキビ跡に美白が効果的なイメージって
あまり無いですよね。

ですがニキビ跡の色素沈着にはメラニン色素が関係していて
美白成分はメラニン色素に効果的な作用があります。

美白成分といっても2種類あるので順にお伝えしますね。

・還元作用のある美白成分

出来てしまったニキビ跡(色素沈着)を薄くし
メラニンの生成を抑えてくれます。

高い効果を発揮しますが副作用(白斑など)がでる場合もあります。
なので使う際には用法を守って下さいね。

還元作用のある美白成分には
ビタミンC誘導体とハイドロキノンがあります。

ビタミンC誘導体は抗酸化作用のあるビタミンCを
お肌に浸透させやすくした成分です。

ハイドロキノンはメラニンの生成を抑制するだけでなく
美白効果がとても高いです。

ビタミンC誘導体やハイドロキノンは
様々な美白化粧品に配合されていますよ。

・抑制作用のある美白成分

今後のメラニンの生成を抑制しニキビ跡が出来にくくします。

よく美白化粧品に含まれるのは
トラネキサム酸の誘導体であるm-トラネキサム酸です。

m-トラネキサム酸は炎症を抑える効果や
メラニンの生成を抑えてくれるので
ニキビ跡と今出来ているニキビの両方に効果があります。

m-トラネキサム酸の他にはαアルブチンがあります。
エンドセリンからの伝達によりメラニンは生成されますが
αアルブチンはエンドセリンからの伝達を遮断し
メラニンを抑制する効果があります。

そしてαアルブチンには副作用がほとんど無いので
安全性の高い成分となります。

この様に美白成分は美白だけでなく
ニキビ跡にも効果的な働きをしてくれます。

ですが、美白効果が高ければ高いほど
肌への刺激も強くなるので注意して下さいね!

なので敏感肌の人やお肌の弱い人には
刺激が強いので美白はお勧めしません。

美白がニキビ跡に効果的でも
自分の肌に合わなければ意味はないです。

どうしてもって方は顔に使う前に二の腕などの
皮膚の薄い部分でパッチテストを行って下さい。

美白化粧品にも色々な種類がありますので
ニキビ跡に美白を試したい方は
自分に合ったモノを見つけて下さいね。