ニキビが治る洗顔方法調べてみた

ニキビが治る洗顔方法を調べてみました。
ニキビを治すために必要なことがまさに洗顔ですよね?
洗顔方法次第でニキビが早く治るか、治らないかが決まるほど…

ニキビを治す洗顔方法はたくさん紹介されていますが、
ここでは私がおすすめするニキビを治す洗顔方法を紹介します。

二キビ跡を治す、特に“顔のニキビ跡”が残らないようにするために!」の記事でも
ご紹介させて頂きましたが、より具体的で細かな洗顔方法をここではお伝えしますね。

ニキビを治すために必要なことは、汚れや余分な皮脂をしっかりと落とすこと!!!

お肌に汚れや余分な皮脂があった状態じゃ、化粧水や美容液は浸透しません。
綺麗な肌を保つために、洗顔は基本中の基本なんです。

洗顔はすればするほど良いものではありません。
多くても2回までにしなければ、必要な皮脂や角質まで洗い流してしまいます。
皮脂や角質を洗い流し過ぎると、お肌が乾燥してしまったり、
お肌が荒れてしまうことになってしまいます。

そして、洗顔方法ですが、必ず泡立ててからお顔を洗うようにしてください。

泡立てネットを使えば簡単に泡立てることができます。
お肌に合えばどんな洗顔料でも大丈夫ですが、ニキビを治すことが目的な場合は
薬用のニキビ用の洗顔料を使うことをおすすめします。

お顔を洗う前に、まずは手を清潔にしてください。
汚れている手でお顔を洗っても綺麗になりませんから。
お顔を洗う際は、暑いお湯でもなく、冷たい水でもなく、ぬるめのお湯を使うようにしましょう。
ぬるめのお湯を使うと毛穴が開きやすくなります。

石けんを泡立てる際は、水っぽい泡にならないように注意してくださいね。
弾力のある泡ができたら、優しく円を書くように洗ってください!!
お顔を洗い終わったら“ぬるま湯”で洗い流してください!
これで完了です。

 

しっかり治してしっかり予防♪

ニキビを治る洗顔方方法を紹介しましたが、とっても簡単ですよね^^
私が紹介した洗顔方法を実行すれば、ニキビも治りますし、ニキビの予防にもなります。
ニキビも治して、尚且つ綺麗なお肌になりたい場合は実行あるのみ!!!

ニキビがあると、化粧もしにくいですし、人の目も気になりますよね…
ましてや痕が残ってしまうと最悪です。

手にはたくさんの菌が付いているので、
ニキビが気になるからといって手で触らないようにしてください。
菌の付いた手でニキビを触ってしまうと、ニキビは余計にひどくなってしまいます。

私は実際に手で触り過ぎてニキビをひどくさせてしまったので。

ニキビができる原因は汚れや菌だけではありません。
ホルモンバランスが崩れるとニキビができる方もいます。
ホルモンバランスを崩れさせないためにも、

  • ストレスを溜めない
  • 睡眠時間をきちんと取る
  • 規則正しい生活をする

などのことが大切になります。
ニキビができる原因は外部からの原因と内部からの原因があるので、
出来る限り原因を取り除くことが大切です。

 

【参考】洗顔ケア後の「ニキビ跡対策」ならコチラもおすすめ